TheGoodLuckStore 日々

日々の生活に必要なもの。 無くても困らないけどあったらうれしいもの。 手仕事のものを中心とした 長く使える素敵な器と生活道具を 滋賀県の彦根の城下町で 販売していきます。

渡辺隆之 焼き締め 花器




なんだかここ数日ブログの気分。
SNSでは伝えるのに少し物足りない気がしています。

せっかくなのでこの気分のうちに今のお店のことを。

TheGoodLuckStoreでは実用の品を中心に販売しています。
毎日の暮らしの中に自然と溶け込む物や、生活によいスパイスになるものを扱っています。
できるだけ人の手がかかったもので、買った時が最高ではなくて使うほどに育っていくもの。
洗練されているけど愛嬌があるもの。
価格の高い安いはあまり関係なく、土地や時代もそんなに関係なく。
(実際は足を運べる地域のものが自然と多くなっていっています。)

あとは、作り手、お店、買い手、社会(環境、地域)が幸せになるものを選びたいを思っています。
何にお金をかけるかはその人の自由。
でも、一回一回の買い物に愛をもって、投票するような気持ちをもちたいし、
そんな気持ちの人に選ばれるお店でありたいと思います。

まだまだ、もっともっと。

きれいごとだけでは食べてはいけないけど、
それを捨ててまで店を続ける意味もない。

そして、町や地域、お客さんと対話しながら店を作っていくこと。
せっかくこの場所で店をしているんだから、何か少しでもいい影響を残せればいいなと思っています。

もっと考えることはありますが、そんなことを思いながら日々お店をしています。


以下は、伊豆半島で作陶する渡辺隆之さんの穴窯で焼いた焼き締めの花器。
用途があってもなくても、すっと心の響くもの。
存在が美しいもの。
これからはそういう物も店にもっと増えていく気がします。

ネットショップには掲載しませんので、気になる方はお問合せください。




DSCF4997 (700x467)

DSCF4994 (700x467)

DSCF4992 (700x467)

DSCF4991 (700x467)

DSCF4990 (700x467)

DSCF4988 (700x467)

DSCF4987 (700x467)

DSCF4986 (700x467)

DSCF4984 (700x467)












スポンサーサイト
  1. 2016/08/30(火) 13:51:10|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

子供飯碗


DSCF0948.jpg


こんにちは。
渡辺隆之さんから厚手の磁器でできた子供飯碗が届きました。
実はこれは渡辺さんがご自身の子供用に作ったもの。
写真のかたちともう一種類筒状のかたちがあります。
米原のO家で筒状の飯碗を赤ちゃん用として使ってくれていて、
評判がいいので店でも取り扱うことにしました。
強度も強くよっぽどではないと割れないんじゃないかな。
スプーンとセットにして出産のプレゼントにもよろしいかと。
見た目もシンプルでいつまでも長く使いたい器です。

とここまでがフェイスブックの紹介文。

今赤ちゃん用の木のスプーンのいいのが店にないから、これぞって言うのを見つけてセットで紹介できるよにしたいなあと
思っています。
のんびり探しますので、見つかったらまた紹介しますね。

あと、以前に紹介した陶胎漆器のマグカップが再入荷しました。
こちらも人気商品です。
今度は自分用に一つ!なんて考えております。

ではではまた明日。



写真 左から
渡辺隆之 磁器マグカップ(3672円)、陶胎漆器マグカップ(4644円)、子供飯碗(筒)(2376円)、子供飯碗(2376円)





  1. 2015/02/12(木) 15:52:32|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陶胎漆器


DSCF0298.jpg


彦根は雪が降りました。
結構積もったんですが今日はもう雪は溶けて雨模様の土曜日です。

今回の「マグカップのある冬の日」で一番の驚きだったのが渡辺隆之さんの陶胎漆器のマグカップ。

勉強不足な僕は渡辺さんから届いてはじめて陶胎漆器というものを知りました。
お恥ずかしい。

簡単に説明すると、「古くは縄文時代から使われている技法で、素焼素地(土器)に漆を塗り重ねて高温で焼き付けた器です。」

縄文という素敵なキーワードにあったプリミティブな質感です。
持ってみると軽くて陶器というよりは木か炭のような感触。

渡辺さんによると「土に戻りやすくすばらしい素材ですが、その分使用強度が弱い弱点があります。」とのこと。
あと漆を使っているので電子レンジはNGです。

完全な器よりも、不完全な土に帰る器というものにすごい可能性を感じました。
弱点を大きく上回る魅力がありますよ。
やっぱりいいセンスをしておられます。

残り少なくなりましたが是非店頭でご覧ください。


※完売しました。次回入荷をお待ちください。







  1. 2014/12/20(土) 14:40:38|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「山や川や土という自然をうつわという形に変えたもの」 渡辺隆之のうつわ入荷しました。

写真 11


渡辺隆之さんの器が届きました。
昨年の個展以来の入荷だから半年以上ぶり。


渡辺さんの器作りは、土を掘るところからはじまります。
その土はバイクで走っている時に偶然見つけたそうです。
だからその粘土を使っているのは世界中で渡辺さんだけ。
同じ場所でも数センチ違う箇所の土は違う表情をしているので、
渡辺さんの器はほんとうにたくさんの表情をしています。


この土が使えるのはあと少しだそうです。
でもまた新しい土を発見したと言っておられたのでそれも楽しみ。




写真 2



土を掘り、自分で窯を作り、燃やす薪を割り、うつわをつくる。
うつわ作りの過程で極力文明の力を加えないで作っているので、
一つの器を作るのに手間と時間が普通の陶芸家の何倍もかかっています。


でも手間をかけたからといって、それだけでいいとは思いません。
結局、出来上がった物が全てだと思います。


でも、その器を見て手に取った後でその過程を聞くとその完成した姿に納得できます。
「なるほど」そうやってつくられたからこその魅力なんだなと。


その器はすべてを表しているように感じます。


どこかの海岸で拾ったお気にりの石のような、
そんな喜びのある器だと思います。


どうぞ店頭で手に取ってゆっくりご覧ください。



※明日(8/8日)はお祭りのため中央商店街は17時~交通規制があります。
 車で来られる方はご注意ください。
 http://www.hikoneshi.com/jp/event/articles/c/soodori








続きを読む
  1. 2014/08/07(木) 13:44:04|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡辺隆之 個展 終了しました。


「渡辺隆之個展」終了しました。

足を運んでくださった皆様方、誠にありがとうございました。
DMを置かせてくれたお店の方々、誠にありがとうございました。
おかげさまで内容の濃い2週間となりました。
渡辺さんの器がそれぞれの手元で使われていることを考えると嬉しく思います。

今日から3連休いただき、24日からオールドギャベの展示がはじまります。
こちらもどうぞよろしくお願い致します。



  1. 2013/10/21(月) 17:08:06|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生き生きと


R0019375.jpg


昨日の夜のこと

ご近所の居酒屋「くいしんぼう」さんで焼酎のロックを頼むと大将が気を利かしてくれて、
この前買ってくれた渡辺さんの器で出してくれました。

透明の液体と氷が入った器はあれこんな器だったかなと思うぐらいに
なにも入っていないときとは違う表情。
手に持つ角度や位置によって中の表情が変わり、
まるで酔っ払っているみたいに赤くみえたり、
今までよりも生き生きとして見えて不思議でした。

やっぱり使ってみないと分からないことがたくさんありますね。
新たな魅力を発見して嬉しい夜でした。

※写真は店内の器に水を入れて撮ったもの。
 店頭で器に水を入れてもらっても大丈夫ですので是非変化をお試しください。 



R0019378.jpg

R0019376.jpg



  1. 2013/10/17(木) 13:51:56|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡辺隆之 個展 器の景色

渡辺隆之 個展 器の景色


今日は器を真上から見た写真です。
下から2番目の黒っぽい器は内側に硝子がコーティングしてあります。
でれも自然の一部のようです。



R0019362.jpg

R0019358.jpg

R0019361.jpg

R0019360.jpg

R0019357.jpg

R0019359.jpg



  1. 2013/10/15(火) 18:10:48|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡辺隆之 個展 会場風景2


       渡辺隆之 個展 会場風景2



R0019248.jpg

R0019255.jpg

R0019272.jpg

R0019252.jpg

R0019276.jpg


10月20日まで開催中。
ご来店お待ちしております。





  1. 2013/10/12(土) 17:55:27|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡辺隆之 個展 会場風景1


   渡辺隆之 個展 会場風景1


R0019277.jpg

R0019278.jpg

R0019285.jpg

R0019290.jpg

R0019307.jpg

R0019316.jpg

R0019246.jpg



  1. 2013/10/11(金) 14:42:26|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇宙の断片 地球の欠片

R0019262.jpg


「宇宙のどこかから集まってできた地球という大きなやきものの表面を水や風が土に砕きます。
土は木を育て木は下に向かって昇るエネルギーです。
僕は木を火に変えて土を焼きます。
焼かれた土は窯の中でマグマの様に溶けて発光し、
その後冷え固まります。
僕にはそれが小さな地球の様にも見えるし、その辺の石ころの様にも見えるので不思議です。
そうぞ、手にとってゆっくりご覧になってください。」

個展の前日に渡辺さんが書いてくれた文章です。
これ以上に今回の展示のことを説明する言葉は無いと思います。

どうぞ手にとってゆっくりご覧になってください。
そして地球の欠片の様な器がもし心に響いたら
どうか自宅に持ち帰ってください。

渡辺さんの器は万能な器ではないかもしれません。
使いやすいのが売りの壊れない器は他に任せて
こんな器が世の中にあってもいいんじゃないかと思っています。
地球の欠片が日常の中に溶け込む事で何か変わるかもしれません。
言いすぎかな?
でもそれが喜びになれば嬉しいです。

ついでに言うとお店にとっても扱いずらい器なんです。
同じ物が二つと無いから実際に自分の目で見ないと注文できない器です。
そしてこの南伊豆の土が取れるのがあと少しだと聞いています。
来年には全く違う雰囲気になっているかもしれません。
だから今この器が沢山並んでいることが奇跡の様です

渡辺隆之個展20日まで無休で開催しています。
ご来場心よりお待ちしております。




  1. 2013/10/08(火) 01:13:04|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡辺隆之 個展初日


R0019253.jpg


個展初日が終わりました。
今日は思ったよりお客さんが少なくスロースタートなはじまり。

作品はもちろん自信をもっておすすめなのですが、できればこの2日間で渡辺さん自身にも会ってほしいなあと思っています。
やっぱり作り手にしかできない説明があるわけで、聞けば聞くほど焼き物の面白さに触れられる気がします。

明日の在廊日はたくさん人が来てくれるといいなあ。

でも、今日は一件物物交換が成立しました。
写真家げんさんとマグカップを交換することになりました。
お互いが認め合った物を交換するのっていいですね。
よかった。

明日も6時ごろまで在廊してくれる予定をしています。
滋賀の名産の鮒寿司での交換もお待ちしています!



R0019283.jpg
  1. 2013/10/05(土) 23:39:33|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡辺さんの器について少し



今日は10月5日からはじまる渡辺隆之さんの器との出会いについて少し。


店主が渡辺さんの器をはじめて見たのは京都のあるお店でのこと。
最初の印象は「なんだろう?陶器?うつわ?」と思って思わず手にとってしまいました。
丸くてころんとしたカタチをしていてまるで人が作ったのではなく、
もともとこんなカタチをして存在している物質のように見えました。
でも不思議と手になじみ、飲み口はシャープにつくられています。
あとから知りましたがそのシャープさは渡辺さんの修行されていた陶芸家の名前を聞けば納得しました。

その後、渡辺さんの住む静岡県の南伊豆まで訪ねていろいろな作品を見せてもらう機会がありました。
その時に見たり話したりしたことは深く心に残っています。
その時に感じた事や見た事、話した事を今回の展示を通して感じてもらえたらなあと思っています。
じっくりと作品を向き合ってもらえたらうれしいです。



最後に渡辺さんのHPから


 これらのやきものはすべて僕の家の近くの地層から頂いた”土”のかけらと、山を流れる”水”、またその土壌 で育った”木”を燃やした”火”から出来ています。これらの要素を動かしてやきものをつくることはとても自 然な出来事であると思います。

 土はそもそも岩石が長い時間をかけて変質したものですが、穴窯という装置で木のエネルギーを火に変えて土に 与えることで、元の岩石に似ているが全く新しい物質(やきもの)を産み出すことが出来ます。
 
 特に僕はこのプロセスにこそ美しさを見出しています。

 出来上がったやきものはこの現象の影にすぎませんが、それらひとつひとつがそれぞれの物語を持って産まれて くるので、大変興味深いものです。

 そしてまたこの現象の中で、僕自身が全く予想も出来なかった、驚きのやきものに出会うことをいつも心待ちに しています。


http://watanabetakayuki.com/



  1. 2013/09/26(木) 00:21:47|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡辺さんの器が少しずつ入荷しました。


R0019138.jpg

10月に個展を開催する渡辺隆之さんの器がDM撮影用として少しずつ入荷しています。

人気のマグカップも一つ入荷しています。

そのほかには平皿や楕円皿や長板皿も一つずつ入荷しました。

ほかではなかなか手にすることができない品物です。

渡辺さんの器は全国どこののお店でもネットショップでは取り扱いはございませんので、

店頭でゆっくりとご覧ください。


渡辺隆之 個展 10/5~10/20 (会期中無休)




  1. 2013/09/07(土) 16:20:06|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡辺隆之さんの丸い花器

こんにちは。

朝の琵琶湖は気持ちいい!

唐突ですね(>_<)

最近、仕事前に時間のあるときは琵琶湖まで出て、体操したり、寝転んだり、瞑想したり、

本読んだりしています。

すると少し身体が軽くなる気がします。

しばらくは気持ちのいい気候なので続けていこうと思っています。

と、どうでもいい話をしました。



さて、今日の一枚は渡辺隆之さんの花器です。

R0016061.jpg


恐竜の卵みたいでしょ?

直線的な花も少し流れている花も様になりそうですが、

お店に売っている薔薇なんかよりは、近所に咲いている野の花なんかを投げ入れるとかっこいいと思います。

ススキを無造作に入れるのもよさそうですね。


こちらの商品は完全に一点物ですので、

気になる方はお早めに。

花器 17,000円



  1. 2012/10/05(金) 14:05:08|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡辺隆之さんのミルクピッチャー


R0016028.jpg


今日の一枚。


渡辺隆之さんのミルクピッチャー。

穴窯ならではの色の変化が美しい。

小さくても奥深い。



本日もご来店ありがとうございました。

感謝。





  1. 2012/09/23(日) 18:03:03|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南伊豆へ (続き)

昨日の南伊豆の石の様な器を作る渡辺隆之さんに会いに行ったブログの続きです。


昨日のブログの最後の渡辺さんの言葉がうまく表しているのですが、

渡辺さんの器作りは、大げさではなく自然と向かい合って作られています。


南伊豆の土を自分で掘り起こすところから始まり (土)

森を流れる川の水を使って粘土をつくり (水)

森に生える木を切り、燃料として (木)

その木を使って薪を燃やす (火)

そして石の様な器を作る (土、石、陶器)


続きを読む
  1. 2012/09/21(金) 15:33:02|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南伊豆へ

R0016010.jpg



海と森に囲まれた豊かな自然の残る南伊豆。

そこには自然の石の様な造形の器を作る渡辺隆之さんと言う作家さんがいます。


店主ははじめてその器を見た時に、今までに見たことのないようなかたち、そして質感に

興味を持ち思わず手に取りました。


まるで石の様な不思議な器がどのようにして作られているのかを知るために、

昨日、南伊豆まで直接お会いして話を聞きに行ってきました。



続きを読む
  1. 2012/09/20(木) 15:54:07|
  2. 渡辺隆之
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

器・生活道具グッドラックストア

Author:器・生活道具グッドラックストア
器・生活道具
The Good Luck Store

522-0063
滋賀県彦根市中央町2-30
tel/fax 0749-20-9529
水曜日、木曜日 定休
11:00〜19:00
http://thegoodluckstore-shop.com/
http://thegoodluckstore.blog.fc2.com/
https://www.facebook.com/TheGoodLuckStore

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (72)
取扱い (2)
開店準備 (11)
彦根 (31)
お店のこと (222)
掲載 (13)
瑞穂窯 (6)
堀越窯 (1)
杉本寿樹 (16)
雑貨 (28)
本 (3)
牧谷窯 (24)
定休日 (32)
HP (1)
河原崎優子 (4)
展示会 (8)
小鹿田焼 (8)
輸入物 (1)
クラフトフェア (4)
CHANGE (5)
俊彦窯 (4)
coffee (13)
イベント (39)
安土草多 (4)
つくも窯 (11)
袖師窯 (4)
モラ (1)
八木橋昇 (5)
旅 (15)
ワークショップ (1)
うだまさし (2)
私物 (3)
前田美絵 (4)
イラングラス (1)
インド (1)
渡辺隆之 (17)
福岡彩子 (8)
facebook (1)
八田亨 (1)
HITOHARI (1)
ルーマニア (1)
やちむん (1)
北窯 (3)
ガラス工房 清天 (1)
OKINAWA (9)
食 (2)
斎藤十朗 (1)
カワチ製菓 (1)
ネットショップ (2)
ガラス (1)
祭り (0)
出店 (4)
NaoKoyasu (1)
nimai-nitai (2)
ハタノワタル (2)
山本泰三 (1)
Kazuw (1)
2015 催事の予定 (1)
東屋 (1)
SŌK(ソーク) (1)
牧谷窯個展 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR