TheGoodLuckStore 日々

日々の生活に必要なもの。 無くても困らないけどあったらうれしいもの。 手仕事のものを中心とした 長く使える素敵な器と生活道具を 滋賀県の彦根の城下町で 販売していきます。

近江同盟新聞さんに

連休二日目。

昨日に引き続き今日もいい天気で、たくさんの観光客で賑わっています。




一昨日の「近江同盟新聞」さんに、当店の事を取り上げて頂きました。


R0014674.jpg


見出しが「産直手作り噐で幸せに」・・・。

ストレートなフレーズで恥ずかしくなりますね。

見切れてますが左下の「古代エジプトを体感?」ていうのも気になるタイトル。

体感してみたいです。




「近江同盟新聞」さん ありがとうございました。


スポンサーサイト
  1. 2012/04/29(日) 17:23:35|
  2. 掲載
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

彦根和菓子散歩 その1

古い街並みには和菓子屋さんがよくにあう。

ふらっと入ったお店がとてもおいしかったり、

その店が実は老舗で地元で有名なお店だったりするとなおよし。



今日はそんなふうにして見つけた和菓子屋さんのいちご大福をご紹介。

お店は「古川日登堂」さん。

当店のご近所で徒歩5分以内のお店です。



お店は昔ながらの和菓子屋さんと言う感じの外観です。

いろいろとたくさんの和菓子が並ぶ中でも、私のおすすめはやっぱりいちご大福。



通勤途中にあるので、購入しようと寄り道を。

朝から三人ほど並んでいる人がいて、その人気ぶりに関心しながら店内へ。

おばちゃんと話していると、いちご大福は期間限定商品と言うことで、今シーズンは

5月2日頃に終了するとのことです。

えーそうなんですか。

普段でも人気があるので、時間によっては売り切れの多いいちご大福ですが、

終了まじかという事でまたまたプレミア感がましますます食べたくなるのが人心。

今日は、いちご大福と大名焼を購入。


瑞穂窯の4寸皿に置いてみました。


R0014673.jpg


R0014669.jpg

うーん。おいしそう。

赤いいちごが引き立ちます。

味はというと、ジューシーでもちろん美味しいです。


今年あとわずかしか食べれない「古川日登堂」さんのいちご大福。

遠くから来られる方は電話で確認してから来たほうがいいですね。

写真を撮り忘れましたが、大名焼もあまり甘すぎず、おいしいかったです。

ごちそうさまでした。

  1. 2012/04/28(土) 16:54:48|
  2. 彦根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小鹿田焼 再入荷

昨日、小鹿田焼が再入荷しました。

やっぱり小鹿田焼はいいなあとにんまりしながら、営業が終わってから夜に店だしを。


今回は、前回入ってこなかった大きめのサイズの7寸皿や9寸皿、7寸丼も入荷しています。

やはり、これぐらいのサイズはいろいろな料理に使えるうえに、価格的にお手頃などでどこのお店でも

人気があるようです。


ディスプレイの仕方も少し変えてみました。


R0014665.jpg




そして、同じく前回入荷の無かった背の高いマグカップも入りました。

個人的には櫛目をアクセントにした乳白のマグカップがツボです。

二本指で持て、しっかりと持ちやすいです。

はたして誰の元へ旅立つのか楽しみです。



R0014666.jpg



その他に今回は飯碗も充実しています。

飛鉋模様だけでなくシンプルなものも味があっていいですよ。



R0014667.jpg



店内とても充実している小鹿田焼。


大きめの皿は入荷が少なめなので、お探しの方は早めのご来店をお薦めいたします。




  1. 2012/04/27(金) 11:57:24|
  2. 小鹿田焼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芹沢銈介展

先週の休みの話です。

現在、京都文化博物館で行われている「芹沢銈介展」に行ってきました。

芹沢銈介さんは、日本の伝統的な型染を基に芸術性の高い染色を創始した作家です。


私は染色の事は全然分からないのですが、民藝運動に深く関わっていた事、そして山陰の窯元を訪ねた時などに

工房に芹沢銈介さんの作品が飾られているのをよく目にし、綺麗な色使いと独特のデザインだなという

印象だけをもっていました。


R0014577.jpg



会場は、平日という事もあり人は少なく、着物を着ている婦人が見に来ていたりして京都らしい

ゆったりとした展示になっていました。


展示されているのは約100展、気になったものを中心にゆっくり見て回ります。

どこかで見たことがあるような代表的な作品もあります。




感想はと言いますと、

予想以上によかったです。


のれんや屏風に多く描いていたせいもあるかもしれませんが、左右対称の構図や、規則的な配置、

そして幾何学的な組み合わせなどが今見ても全然古さを感じさせず、現代のポップアートやグラフィティにも

通じる面白さがありました。

とても神経質で細かい計算をして染めていると感じられますが、色使いが本当に絶妙なのです。



努力だけでは、絶対に思いつかない色合わせは「天から与えられた才能」と言ってしまってもいいと思いますね。

いやあ、本当に見れてよかったです。



R0014663.jpg





そして、1Fのミュージアムショップには当店で取扱いさせて頂いている「つくも窯」さんの

商品も期間中に販売していますよ!


そちらもあわせてお薦めです。










  1. 2012/04/26(木) 19:07:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

「めぐりんこ」が駅前に

 あたたかい。とてもあたたかい。

 
 「小春日和」なんて言葉が頭の中に出てきましたが、

 「小春日和」は秋の日に春のような暖かい穏やかな天気の事を言うんですね。

 実は私は最近知りました…。今まで春にこの言葉を使っていたような気がします・・。

 いやはやおはずかしい。


 
 本日は、そんな春の陽気に誘われて彦根観光に行きたくなった人に朗報です。



 レンタサイクルの「めぐりんこ」が彦根駅前に新たにできました。

 「めぐりんこ」自体は以前からあったのですが、先日彦根駅前にもオープン。



 この「めぐりんこ」何がおすすめかと言いますと、とても自転車が本格的なんです。

 本格的なロードバイクを借りられるので、彦根観光だけでなく近隣の街へ、

 そして体力のある人はチャリダーの憧れの琵琶湖一周も可能です。

 ロードバイクに興味があるけど乗ったことがないなんて方にも、

 最初のきっかけとしていいかもしれません。



 ちなみに私は昨年の真夏にピストバイクで琵琶一を決行し、前半はとても気持ちよく走っていたんですが

 150kmあたりから暑さと運動不足のせいでへろへろになり、なんとかゴールしました。

 トレーニングしてもう一度春に行きたいなあと思っています。

 

 

 「めぐりんこ」には自転車は本格的なロードバイクと初心者向けのクロスバイク、そして楽ちんな電動アシスト

 自転車の三種類を計六十二台を用意しているそうです。
 
 
 
  春の彦根、自転車散歩もいいですよ。

R0014658.jpg

愛車のSURLY




  1. 2012/04/24(火) 15:31:35|
  2. 彦根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレーざら


私がこの一年で一番頻繁に食べていると思われる料理。

カレー。

Curry。

明治時代にインドからイギリス経由で日本に伝えれれ日本で独自の進化をとげたカレーライス。

独自の進化をしすぎて、

カレーきしめん、カレースパゲッティ、カレードリア、カレーオムレツ、カレーラーメン、スープカレー、カレー鍋、カレーてんぷら、カレー雑煮、カレーケーキ、カレー大福、カレー焼きそば、カレー寿司、カレージュース、カレーうな丼、カレーピザ、カレーおでん、カレーそうめん、カレーたこやき、カレー餃子、カレーバーガー

なんてよくわからない食べ物が出てくるしまつ。

それでも、どれも成立してしまうのがカレーの恐ろしさ。

それを見るだけで、カレーがどれだけ日本人に愛されているのかが良く分かります。

インド固有の言語には「カレー」という言葉はなく、旧宗主国のイギリス人がインド料理をカレーと総称して世界

に伝えたことが「カレー」の発祥と言われているそうです。




前置きが長くなりましたが、今日はそんなカレーライスを食べるのにぴったりなカレーざらをご紹介します。

河原崎優子さんのカレーざら。

R0014654.jpg

R0014656.jpg

直径 約21cm
高さ 約5.5cm

光沢のある綺麗な色あいですが、微妙な釉薬の濃淡があるのでうつわに深みがあり、可愛いですが落ち着いた印象

もあります。

そして、深さがあるのでたっぷりとそそいでも大丈夫です。

また、少し縁が反り返るようなかたちになっているので最後の一口まですくいやすいように工夫されています。

細かい事ですが、使ってみるとなるほどと思わされますね。



色は、モスグリーンとベージュの二色をご用意しております。


(ベージュ)
R0014653.jpg

カレーざら 3,675円



以上、本日は、是非ヘビーローテーションに使って頂きたいカレーざらでした。


これだけ「カレー」を連発すると皆さんカレーが食べたくなってきたのでは?

ちなみに私は、今日で二日目のカレーです。

おなかがすいてきました。



それでは今日はここまで。






  1. 2012/04/23(月) 17:35:39|
  2. 河原崎優子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホームページ

 
雨の日曜日。

桜も葉桜となり通りを歩いている人も少ないので、今はBillEvansをかけながらゆっくりと営業しております。



本日は二つお知らせがあります。


一つ目のお知らせは、

TheGoodLuckStoreお店のホームページをUpしました!

こちらです↓

噐・生活道具 TheGoodLuckStore


お店の場所などはこちらを見て頂ければ分かりやすくなっていると思います。

ホームページは今後、ぼちぼちと少しづつ手を加えていきたいと思っております。

オンラインショップの方も現在進行中です。


ネットの世界は素人には難しくてわからないことばかりなので、しっかりと勉強しないといけません。

頭が痛くなりそうですが、がんばります。

(Iさん、本業が忙しい中、製作ご協力頂きまして本当にありがとうございました。

 そしてこれからもたよりにしておりますよ!)





そして、二つ目のお知らせ。

本日22日と明日23日にブログを見てご来店頂いたお客様に珈琲を一杯無料でサービスします。

その場で豆を挽いてドリップでお出しします。

当店で販売しているカップでお出ししますので、使い心地を試してもらうのにも最適かと思います。



※「ブログを見た」と一声おかけください!

(量に限りがあります。品切れになる場合もありますので、ご了承下さい。)


それでは、ゆっくりとお買い物、そしてくつろぎにTheGoodLuckStoreまでお越しください。


  1. 2012/04/22(日) 16:11:40|
  2. HP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パソコンブラシとシュロの棒たわし

本日は、なくても困らないけどあるととても重宝するものを2つご紹介します。

一つ目は、「シュロの棒たわし」です。

R0014622.jpg
1,050円

幅 約13.5cm



和歌山の職人さんによって作られた柔らかくコシが強いシュロの棒たわし。

鍋やフライパンをあらうのにおすすめです。

あまり見ないかたちですが、意外と握りやすく力を入れて擦れます。

横長なので手が汚れにくいのも特徴ですね。

また、自立するので収納にも場所をとりません。






そして、もう一つは「パソコンブラシ」です。

R0014623.jpg

3,150円 品切れ 入荷待ち

幅 約22cm



「江戸屋」+「中川政七商店」 のオリジナルのパソコンブラシ。

画面はオーストリッチ(ダチョウ)の羽はたき、キーボードの隙間は馬毛ブラシで掃除ができるすぐれもの。

その他、テレビ・インテリア・本・サッシの溝の掃除などにも便利です。

写真ではわかりにくいですが、オーストリッチの羽はシルバーと茶色の中間ぐらいの色で、とても柔らかく優しい

手触りになっています。

コンパクトな大きさなので仕事のデスクの上に無造作に置いてあってもおしゃれですね。

ちょっとしたプレゼントにもおすすめです。



(「江戸屋」
江戸屋初代、利兵衛は、江戸時代に上方(京都)で刷毛師として修業し、江戸にもどってからは多くの化粧刷毛や将軍のお抱え絵師が使う刷毛作りをしていました。1718年に将軍家から「江戸屋」の屋号を与えられ、江戸刷毛の専門店として開業したのがはじまりです。
3000種類以上の様々な刷毛やブラシを作り続ける江戸屋には、時代を超えて愛される暮らしの道具がそろっています。)



以上、探すとなかなか見つからない生活道具2点でした。





  1. 2012/04/21(土) 18:47:51|
  2. 雑貨
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牧谷窯のうつわ

blogが二日あいてしまいましたが、水曜日の定休日には京都方面に行っていました。

昨日は、彦根でお世話になっている面々とご近所の「ピーター」さんで飲み会。

少し疲れていたのもあり一杯目でいい気持ちに。


がっつり飲んで今日には不思議と疲れが消えていました。いい時間でした。



さて、今日は商品紹介をします。

今日紹介するのは、鳥取県の牧谷窯のうつわ。

牧谷窯のうつわは「ろくろ」と、絵付けではなく土を重ねて模様を作り成型する「練り込み」という

技法の二種類の方法で作られています。


「練り込み」で作られたうつわは、まるでグラフィックアートの様にひと目で人を惹きつける個性があり、

そして、そのとても手間のかかる技法をなされている職人技に関心してしまいます。

右側のうつわは波模様の様にも見えます。

R0014612.jpg

練り込み小鉢 3,675円
練り込み箸置き 525円



新作のろくろで作られた「カップ」「湯のみ」もとても可愛いですね。

色使いの組み合わせがが派手すぎず、可愛すぎず、お茶の時間が少し楽しくなるような

うつわ達だと思います。

R0014609.jpg

カップ、湯のみ 共に 1890円

現在、全7種類そろっておりますので、ご興味あるかたはお早めにどうぞ。


ちなみに人が何かを選択するときに、一番楽しく選べる数は7か8種類だったと思います。

それ以上では多すぎてよく分からなくなってしまい、少なすぎると選ぶ楽しみがあまり味わえません。


という訳で、ゆっくり楽しんで選んで下さい。
  1. 2012/04/20(金) 18:56:42|
  2. 牧谷窯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「少年民藝館」と「IQ84」

R0014566.jpg


オープンして10日。

だいぶんと生活が落ち着いて来たので、昨日の夜に久しぶりに本屋に行きました。

まだ行き慣れない本屋なので、どのジャンルの本がどの棚に置いているのかを確認しながら

うろうろとしていたら、前から欲しかった「少年民藝館」を発見。

値段が高いのでずっと買わなかったんですが、自分へのオープン祝いと思うことにして

思い切って購入しました。

世界中の工藝品がページごとに紹介されています。



「見せかけの駄目なもの、着飾った怠けもの、高くて威張っているような道具を捨て、健康で無駄がなく

威張らな美しさを備えてよく働く、よい友だちを皆さんに紹介したいと思って、世界中の工藝品を

選んで並べてみました。」

まえがきの言葉より

R0014569.jpg

R0014570.jpg


店内に置いていますので興味のある方はお声がけ下さい。



そして、同じくずっと買おうか迷っていた村上春樹の「IQ84」が単行本になっていたので一緒に購入。

最近は読者を試すかのような難解に思える村上春樹の本。はたして最後まで読みきれるのでしょうか。

でも、久しぶりの小説。

小説の世界にどっぷりとはまるのも楽しみです。




  1. 2012/04/17(火) 17:00:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

4月19日(木)の営業時間とゴールデンウィークの営業について

4月19日(木)営業時間について。

通常は11時オープンですが都合により13時からのオープンとさせて頂きます。

閉店時間は通常通り19時までとなっております。

お間違えのない様お願い致します。





ゴールデンウィークの営業について。

ゴールデンウィーク期間中、通常通り営業致します。

水曜のみ定休日です。

よろしくお願い致します。

  1. 2012/04/17(火) 11:50:48|
  2. 定休日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぐねぐね

店内には観葉植物がいくつかあるんのですが、なぜかぐねぐねと曲がっているものが多いんです。

ひとつは自分で買ったのですが、二つは頂き物。

R0014563.jpg
これは花好mokumeさんで購入。

R0014564.jpg
我が友 ZENON より

R0014565.jpg
「五環生活」さんより
新芽がかわいい!癒されます。


どれも絶妙な曲がり具合。

皆さんナイスなセレクトです。


当店、なぜか緑豊かな店になっています。

これからさらにグリーンな店にしていこうと思っていますので、

どうぞよろしくお願いします。
  1. 2012/04/16(月) 17:28:59|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルーマニアの籠と蝋燭の科学

今日の商品紹介はルーマニアのバスケットです。

R0014561.jpg

R0014562.jpg
価格 4,980円
高さ 約45cm (持ち手含む)
幅 約38cm


素材は柳で出来ています。

中央に一周ぐるっと交差に編んである所がワンポイントとなっており、丸く可愛い雰囲気のバスケットです。

容量が大きので、洗濯籠や、玄関のスリッパ入れなどいろいろな用途で使えそうです。






お店とは関係ないのですが、一昨日にご近所の半月舎さんで行われていた蝋燭の実験にお邪魔しました。

KC3V0080.jpg

ろうそくはなぜ燃えるのか?なぜろうがこぼれないのか?

レーズンとアルコールでろうそく変わりになる?

などなど、ろうそくにまつわる疑問を実験していくという興味深い内容でした。

考えてみると普段の生活で当たり前に思っていることも、改めて考えるとわからない事ばかりで、

大人になるにつれいろいろな事を分かった振りをして、自分で思考しなくなっている気がしますね。

どこかで聞いたことのある答えを鵜呑みにしないで、実際に見て感じる。

そんな事を楽しんで考えられる大人はいいなと思いました。

小学生の頃に戻ったような楽しい夜でした。
  1. 2012/04/15(日) 20:22:46|
  2. 雑貨
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土鍋でご飯を

毎日食べるご飯ですが、土鍋を使ってご飯を炊くってちょっと良くないですか?

炊きたての土鍋ご飯と味噌汁と焼き魚(もしくは鯖煮)そして、嗜むお酒。

想像するだけで、月並みですが、日本人に生まれてよかったなーなんて思ってしまいます。


今日はご飯を炊くのに最適な土鍋を紹介します。

土鍋でご飯?大変そうと思われるかもしれませんが使ってみると驚くほど便利です。

お湯が沸騰してから弱火で約15分で炊き上がるので炊飯器よりも早いかもしれません。


作っておられるのは、杉本寿樹さん。

杉本さんは、伊賀土楽で修行された後、甲賀市の毛牧で築窯されました。


実際に見て手にとってもらえれば分かるのですが、取って一つを見ても、とても丁寧に大事に作られているのが伝わってきます。
そして皆さんその軽さに驚かれます。

R0014559.jpg

R0014553.jpg


R0014557.jpg

鍋の底と、蓋が当たるところは釉薬をかけずに土肌がざらざらとしていますので、
安定がよく、当たり前ですが蓋はぴったりとおさまり本当に丁寧な仕事なのがわかります。

R0014556.jpg

現在、杉本さんの土鍋5種類、御用意しております。

R0014546.jpg

R0014547.jpg

R0014548.jpg

R0014550.jpg

R0014549.jpg

価格 9,450円〜

写真の上からの3つが高さがあるので炊飯に適しています。


どれも愛嬌がありますね。
また、杉本さんの土鍋は、色や形のご希望を聞いてオーダーメードでの注文も可能ですのでお声がけ下さい。

(杉本寿樹 急須も取り扱っております。)


  1. 2012/04/14(土) 22:38:13|
  2. 杉本寿樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

看板と椅子をつくる

こんにちは。外は雨が降ってきました。

商品紹介を今日は休みにして椅子と看板のことを。

お店の場所が駅からの大通りから目立ちにくいので看板を作ろうと思います。


朝からカインズに木材を買出しに、木材一式で2,886円です。

カットもしてもらいプラス180円。

看板の文字は板に自分で書くことにして、その看板を乗せる椅子を作成します。

またまた登場のENZO MARI先生の設計図を見て

R0014536.jpg


忠実に作っていく。

少し板の幅が違ったので若干オリジナルですが完成しました。

所要時間約20分。

あっというまにできました。

R0014543.jpg


そして、看板に文字を。

ロゴをプリントして、カーボン紙をひいてボールペンでなぞっていきます。

そうすると、簡単に木の板に綺麗に文字がかけます。

あとは、黒マジックで塗りつぶして

R0014544.jpg


完成

彦根駅の方からお近くまでこられたら外にあるこの看板が目印です。

どうぞよろしくお願い致します。

(明日はご飯がふっくらおいしく炊ける土鍋をご紹介します。)


  1. 2012/04/13(金) 19:02:54|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すり鉢

いい天気ですねー。

店の前の道路は観光客の車で渋滞しています(^^ゞこの時期の御来店は公共交通機関をおすすめします。

当店は彦根駅から徒歩で約15分ですので、彦根探索のついでにどうぞ。



今日は山口県堀越釜のすり鉢を紹介します。

R0014534.jpg

堀越窯は明治15年創業に築窯した130年の歴史を持つ窯元です。

すっきりとして安定感のあるデザインですが、かわいい見た目の4寸の方でも手に取るとずっしりとした重みがあります。

現在4寸と6寸が店頭に並んでいますが、その他のサイズ(3寸〜9寸)も取り寄せできますので、

用途にあわせて選んで下さい。

一人暮らしの方やすり鉢デビューの方は4寸から使ってみるのもおすすめです。

ご家族の多い方は6寸、7寸がいいかなと思います。



R0014535.jpg


内側は落ち着いた茶色で機械で作ったように綺麗な櫛模様ですね。

外側の黒も完全なブラックではなく、少しだけ茶が入ったマットな黒です。


黒4寸 約13×8.5cm 2,625円
白4寸 約13×8.5cm 3,150円
黒6寸 約19×12cm  5、250円



すり蜂を探しておられる方は、是非一度見に来て下さい。





そして、彦根もそろそろ桜が見頃ですよ!

今5分咲きぐらいなので今週末から来週がピークですかね。



R0014532.jpg


(今日の彦根城お堀の桜)

  1. 2012/04/12(木) 15:17:11|
  2. 堀越窯
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

小代焼 瑞穂窯のうつわ

現在、小鹿田焼と並んでたくさん入荷している、熊本県の小代焼をご紹介します。

小代焼は熊本で江戸時代から作られている陶器で、現在12の窯元があり、地元特有の陶土を原料とし古く

からの技術、技法を現在まで継承しています。

当店はその中でも瑞穂窯のうつわを取り扱っております。

小代焼瑞穂

五寸皿 2100円
そばちょこ 1260円
あさがお鉢 4200円
ちゃぷちゃぷ(茶こし) 1890円


R0014530.jpg

しのぎの部分の釉薬の濃淡がきれいです。

藍色は引き込まれるような深い色あいで、光の元ではまた違った一面を見せます。

全て手仕事の物なので、同じものでも一点一点微妙に色合いや流し掛けの釉薬の流れ具合が違います。

そこも人の手で作られたものの魅力ですね。

R0014528.jpg

小代焼瑞穂窯 和食にも洋食にも合わせられ、使わない時にも食器棚での姿が絵になるうつわ達です。

現在、店頭にたくさん並んでいますので、興味のある方は、是非ご来店下さい。


 
  1. 2012/04/11(水) 03:54:40|
  2. 瑞穂窯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

はじめての平日

R0014496_convert_20120409201303.jpg

今日はオープンしてはじめての平日でした。

中日新聞を見て数名来店してくださり、ありがたいことです。

(彦根は中日新聞のシェアが多いのです。)


そして今日の人気商品は安土草多さんの硝子でした。

螳牙悄闕牙、喟convert_20120409200415

店内に硝子は少ないのでひときわ目を引くのかもしれません。

安土さんの硝子は宙吹きガラスで少し厚めにつくってあり、ゆらゆらと波が揺れるような優しさが

あります。

年輩の方は、昔のモールガラスの様でなつかしいと言われたりします。

私はロックグラスでウイスキーなんかを飲むときに愛用中。

少し贅沢な気分になりますね。

あっ、そんな事を言ってるとビールが飲みたくなってきた…。



明日から、商品の紹介をしていこうかと思っています。

また、彦根には美味しい和菓子屋さんがたくさんあるので、彦根甘味紹介もしていこうと思います。

花見のお共に、和菓子を。

お楽しみに。


今日はこれにて終了です。
  1. 2012/04/09(月) 20:27:24|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中日新聞さん

まだオープンしたてですが、中日新聞さんの地域欄にお店のことを紹介していただきました。

ネットでもしばらくは見れると思います。

http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20120408/CK2012040802000019.html
  1. 2012/04/08(日) 19:48:49|
  2. 掲載
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじまりの一日

オープン!

4月7日 器・生活道具 TheGoodLuckStore オープンしました。

朝は雪がちらつくまだ寒い一日でしたが、昼からは天気も良くなり日差しが気持ちのいい一日。

R0014461.jpg

開店の祝いにたくさんの花と植物を頂き、店はとても華やかになりました。

少しだけ写真を

R0014449.jpg

R0014443.jpg

R0014439_convert_20120408163443.jpg

その他にも、たくさんのお祝いの花ありがとうございました。

初日と言うこともあり、近所の人、友達、彦根でお世話になっている人達、親戚、家族とたくさんの

人が来てくれました。感謝。

今日がはじまり。

初心を忘れず、地域に愛される店にしていきたいですね。

これからよろしくお願いします。


R0014456_convert_20120408165135.jpg

  1. 2012/04/08(日) 17:01:35|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

前日、ロゴ設置

オープン前日。
最後の作業はカッティングシートでロゴを設置。

R0014436_convert_20120406234933.jpg
R0014438_convert_20120406234611.jpg

うーん。いいですねー。これで店らしくなりました。
手伝ってくれた皆さんありがとうございました。

今日は早く寝て、あすに備えます。
  1. 2012/04/06(金) 23:56:56|
  2. 開店準備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

兵庫県へ

目覚ましが何回もなっている。

少し寝坊して8時に家を出る。

今日は神戸~大阪~京都と外出日です。 さーシャワーだけ浴びて出発。

天気は曇りだけど前を走るエクストレイルのNo.は7777。よし、いいことがありそうだ。

昨日の暴風でラーメン屋の看板が倒れています。

朝ご飯を食べる時間がなかったので朝MAC、そして守山のパン屋「穂のか」で昼飯のパンをゲット! チーズクロワッサンとシナモンドーナツとパリパリつな。「穂のか」のパンははずれがないと思います。

今日の目的の一つはスリップウェアを作られている作家さんに会いにいくことだったんですが、よい収穫がありました。また報告できると思います。

もう一つは牧谷窯 杉本義訓さんの展示を見に行くこと。西宮阪急で10日までやっています。お近くの人はぜひ行ってみて下さい。見たこともないような楽しい器がたくさん並んでいます。
そして、相変わらず爽やかな杉本さん。

それにしてもひさしぶりに都会に出たんで平日の人の多さにびっくりしました。
たまには都会もいいなと刺激をもらって、次は京都。

途中眠くてうろうろしながら無事到着。

アンティークショップでドアの取っ手をゲット! 店員さんにグッドラックストアの店名を「いい名前ですね」と言ってもらい「よく名前は誉められるんです」というやりとりをしたあと、
店事態も頑張って伴わないとなーと、車に乗りながら考えていました。

さあ、彦根に帰ろうかな。
  1. 2012/04/04(水) 20:37:36|
  2. 開店準備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あわてないように

ここ数日、準備作業に集中してはいるんだけど、一方で心ここにあらずという感じで落ちつかなかった。
思えば、普段飲まない缶コーヒーを毎日飲んだり、お菓子を食べたりと、あきらかにおかしかった。
多分、浮き足だっていたんですね。

うーむ、いや、わかるよ、あせる気持ちも、出来るだけ完成度を高めたいのは。

でも、昨日の夜にふと我に返って、何かちがうぞと思いました。
あわてて何かをして、心が伴っていなかったらダメなんじゃない?
それじゃあ何のためにやっているのか分からない。
なんて思って開き直りました。
マイペースでいきましょう。

という事で、オープン後も当店は徐々に良くなっていきますので、温かく見守って下さい。


以上、あわてないあわてない、一休みの心の声でした。


  1. 2012/04/03(火) 23:46:47|
  2. 開店準備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

取扱い作家

オープン時に取扱いの作家と窯元の一覧

・安土草多(硝子)

・小鹿田焼(陶器)

・河原崎優子(陶器)

・小代焼 瑞穂窯(陶器)

・杉本寿樹(陶器)

・俊彦窯(陶器)

・堀越窯(陶器)

・牧谷窯(陶器)

・山本泰三(陶器)


 おことわり

お探しの商品、特定の作家の品をお探しの場合は、電話、mailで在庫をご確認頂いてからのご来店をお薦めいたします。
どうぞよろしくお願い致します。

  1. 2012/04/01(日) 10:04:49|
  2. 取扱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝の自転車散歩

家から店までは自転車で五分でいける。
朝から自転車でぐるっと彦根城の周りを走ってきました。
店から彦根城へは徒歩5分ほどでいけるのです。
桜は

R0014347.jpg

ふっくらと色づいています。あと少しで花が開きそう。
来週のオープンあたりは多分咲いているんじゃないでしょうか。
そして枝垂れ桜は

R0014350.jpg

おっ咲いていますね!
お城の周りには少ししか枝垂れはないのですが見事に咲いていました。
まだ寒いけど春ですねー。
そして、そのままぐるっとまわると見えてくるのが

R0014355.jpg

そう琵琶湖です。今日は曇なののでまっしろ。
むこうに見える山にはまだ少し雪が残っています。
琵琶湖まですぐに出れるというのは滋賀人にとって嬉しいことです。
そして、自然の恵みをゲット!

R0014356.jpg

なにかディスプレイで使いましょう。
最後の店の様子をちらっと

R0014343.jpg
R0014338.jpg

だいぶかたちになってきました・・がはたして間に合うのか!?
  1. 2012/04/01(日) 08:55:13|
  2. 彦根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

器・生活道具グッドラックストア

Author:器・生活道具グッドラックストア
器・生活道具
The Good Luck Store

522-0063
滋賀県彦根市中央町2-30
tel/fax 0749-20-9529
水曜日、木曜日 定休
11:00〜19:00
http://thegoodluckstore-shop.com/
http://thegoodluckstore.blog.fc2.com/
https://www.facebook.com/TheGoodLuckStore

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (64)
取扱い (2)
開店準備 (11)
彦根 (31)
お店のこと (221)
掲載 (13)
瑞穂窯 (6)
堀越窯 (1)
杉本寿樹 (16)
雑貨 (28)
本 (3)
牧谷窯 (24)
定休日 (32)
HP (1)
河原崎優子 (4)
展示会 (8)
小鹿田焼 (8)
輸入物 (1)
クラフトフェア (4)
CHANGE (5)
俊彦窯 (4)
coffee (13)
イベント (39)
安土草多 (4)
つくも窯 (11)
袖師窯 (4)
モラ (1)
八木橋昇 (5)
旅 (15)
ワークショップ (1)
うだまさし (2)
私物 (3)
前田美絵 (4)
イラングラス (1)
インド (1)
渡辺隆之 (17)
福岡彩子 (8)
facebook (1)
八田亨 (1)
HITOHARI (1)
ルーマニア (1)
やちむん (1)
北窯 (3)
ガラス工房 清天 (1)
OKINAWA (9)
食 (2)
斎藤十朗 (1)
カワチ製菓 (1)
ネットショップ (2)
ガラス (1)
祭り (0)
出店 (4)
NaoKoyasu (1)
nimai-nitai (2)
ハタノワタル (2)
山本泰三 (1)
Kazuw (1)
2015 催事の予定 (1)
東屋 (1)
SŌK(ソーク) (1)
牧谷窯個展 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR