TheGoodLuckStore 日々

日々の生活に必要なもの。 無くても困らないけどあったらうれしいもの。 手仕事のものを中心とした 長く使える素敵な器と生活道具を 滋賀県の彦根の城下町で 販売していきます。

瑞穂窯さんの器


今日は天気が良かったので、外で瑞穂窯さんの器を撮影してみました。

じっと見ていたら吸い込まれるような深い表情をしています。

出そうと思っても出せないその土地の独自のわら灰の釉薬、二つと同じものがないのが魅力です。

実は、前回瑞穂窯さんを訪ねたときに一緒にわらを集める作業をさせてもらいました。

その時は笑いのたえない、おおらかな雰囲気でしたが、

製作の時はまた違う真剣な顔をされてるんでしょうね。(当たり前ですね)

またおじゃまして、一日中製作風景も見てみたいです。



R0015095.jpg

R0015093.jpg

R0015091.jpg

R0015092.jpg



熊本県、小代焼。

全国的にはあまり有名ではないし、当店に来てくれる九州のお客さんでも知らない方がほとんどですが、

とても魅力的な器です。

(当店は12の窯元がある中の一つ瑞穂窯さんの器のみ、お取り扱いをしております。)



私も近畿県内の近くの窯元で知らないところは、たぶん星の数ほどあります。

全部を見るのは不可能なので、努力しつつも最終的には出会いに任せようと思います。

なにがよくてなにが悪いということはないからいろいろ難しいですね。



それでは、今日はここまで。








スポンサーサイト
  1. 2012/05/31(木) 18:01:22|
  2. 瑞穂窯
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

空き地に咲いていた花



R0015085.jpg


朝、通勤途中の空き地に咲いていた花。

綺麗だったので少しだけもらってきました。

空き地だからいいですよね。

その空き地の近くで、犬がいなくなったと言い探していたおばあさん。

もう年寄りだから(犬のことです)呼んでも耳が聞こえないんだと言って悲しそうでした。

小さい犬で、白に茶が入った犬だそうです。

見つかったのかな。

見つかったらいいんだけどな。

その時の花とイランガラスです。

写真がブレブレですね。

  1. 2012/05/30(水) 20:06:15|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

男のプッチンプリン?

こんにちは。

彦根は昨日に引き続きの突然の大雨が降りました。

雷も凄かった。

昨日、今日とたまたま大雨の時に来てくださったお客さんは外に出られないので一時の雨宿りを。

皆さん、そんな時はゆっくりお茶でも飲んでいってくださいねー。



さて、今日は店とは関係ないですが今朝の新聞でとても気になった記事を。

R0015080.jpg

「男のプッチンプリン おつまみ冷奴風」

うーん、いろいろな疑問が湧いてきます。

デザートなのか、おかずなのか、それともお酒のおつまみなのか?

名前にはおつまみ冷奴と書いてありますが、お酒のお共にプッチンプリンはちょっと抵抗が。

そして、はたして美味しのか?

「しょうゆ、しょうが、だし」。これはもはやプリンと呼んでもいいのでしょうか?

それになぜ甘くない=「男の」にしたんでしょうか?



完全にグリコの策略にはまり気になって仕方がありません。

「西日本では」と書いてありますが、西日本限定なんですかね?

だとしたら少し嬉しい。

と、またグリコの戦略通りの反応をしてしまいます。



とにかく発売したら責任をもって食べてみます。

感想はまたここで報告しますね。



今日のブログはなんだったんでしょうね。

こんな日もありますが、引き続きよろしくお願いします。


そして明日の水曜日は、この前の日曜の振替で営業しております。

ご来店お待ちしております。

  1. 2012/05/29(火) 19:00:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

松本へ

R0015061.jpg


昨日の休みは長野の松本に行っていました。

日本最大級のクラフトフェア「松本クラフトフェア」に行くためです。

前日にちょっとしたトラブルとちょっとした幸運があり、

急遽、滋賀県立大学のメンバーに一緒に乗せていってもらうことになりました。

朝の五時に出発して着いたのが八時。

彦根からだと意外と早く行けるんですね。



初めて行った松本クラフトフェアは天気もよかったこともありすごい人で賑わっていました。

そして、全国から300近い作家さんが出店されており、とても見ごたえがありました。

というよりも、見ごたえがありすぎて疲れました。

気になるところを一件一件見るだけで相当な時間がかかり、

それに加えて暑さで最後の方はふらふら。

これだけの規模のイベントを無事に成功させるだけで大変なのは分かりますが、

会場が広いのに作家さんの出店場所が大まかにしか案内がないのが不便でしたね。

あと、パンフレットが有料なのにそれだけを見ても作家さんの場所が分からず、

結局掲示板を見ないといけないというのはちょっと不満が残ります。

あまりに疲れたので、思わず少し改善して欲しいところを書いてしまいましたが、

それを踏まえても行ってとても良かったです。

これだけのレベルの高い作家さんを一挙に見られる機会はそうないので

これからも続いてほしいと思います。



それぞれの作り手にそれぞれのえがく世界があって、自分の目指すものに近づく為に

試行錯誤し、出来たものを世の中に発表する。

レベルがの高い作品が多いだけに、

作り手と使う人の間に入る渡し手として、もっと確かな知識と確かな目を持たなくては

いけないなと考えさせられました。

ほんとに行って良かったです。



そして、クラフトフェアとは関係ありませんが、

その日に一番感動したのが松本市美術館で常設で展示してある草間彌生の絵画。

久しぶりに絵や美術品を見て身体がびりびりしびれました。

クラフトフェアで体力を使い果たしていたのですが、その作品を見て身体に電流が走った様な

パワーをもらいました。今、文章を書いていてもあの感覚がよみがえってきます。

草間彌生さんの内から出てくる何かをそのままかいておられるからでしょうか。

そんなに期待せずに見に行ったので自分でも驚きました。



丁寧に人の手で作られた器の持つ力というのも確かにあります。

それは使っている時のの安心感であったり愛着であったり、

その思いがじんわりと伝わってくるタイプの力。徐々に育てていく(伝わってくる)方向のものだと思います。

それとは正反対の理由も分からないけどなぜか感動する。

そんなアートの力を感じました。



という訳で、日帰り松本旅は充実した一日でした。

でも本当は、松本はいいところがたくさんあるので一日では全然足りません。

一泊以上で行くのをオススメします。


R0015071.jpg




  1. 2012/05/28(月) 21:12:50|
  2. クラフトフェア
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

「anokhi」のハンカチ




R0014925.jpg



インドの人気ブランド「anokhi」の商品が入荷しました。

「anokhi」の商品は一つ一つ木版を使ってハンドプリントで作られています。

インドには伝統的に技術が伝えられてきた木版プリント。

「anokhi」は、その伝統的な技術を暮らしの中で使いやすい現代的なデザインを加え今の時代に伝えています。

ハンカチの素材は、なめらかで心地よい肌触りのcotton100%。



今回は、春夏らしくパステル系の爽やかな色目のものをセレクトしています。

これからの暑い時期のお共にいかがでしょうか。

同じ柄は一つづつしかありませんので、気になる方はお早めにどうぞ。




  1. 2012/05/26(土) 18:19:58|
  2. 雑貨
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

「GOGUY!」彦根特集

こんにちは。

滋賀のフリーマガジン「GOGUY!」6月号の彦根特集に掲載していただきました。


R0014924.jpg

R0014923.jpg


当店の他にも彦根の個性的な店がたくさんのっており、見たら彦根に行きたくなること間違いありません。

こんな出来たばかりの店を取り上げて頂いた「GOGUY!」さん。

この場を借りてありがとうございます。



そして湖東地域はこれからもいろいろと面白そうなことがおこりそうな予感がプンプンします。

個人的には、大きなうねりが発生している?この時期に、ここで店を出せたのはいいタイミングだった

ような気がしています。

実は今年の2月まで彦根という土地は、私の頭の中にほんの1%もありませんでした。

このへんの人に怒られるかもしれませんが、お城と田舎の街という印象しかありませんでした。

それが、今はこうして何かの縁でここで暮らし、店を開いています。

面白いものですねー。


古いものと新しいものが当たり前に融合し、子供からお年寄りまでが元気で住みやすい街。

そして表現する場があり、いろいろな価値観の人が暮らす街。

そういう街になったらいいなーと思います。


そういえば当店のお客様は、20代から80代の人まで様々な年齢の方が来てくれます。

それって、飲食以外の物販の店では少し特殊なのかなと思いますが、

そういう状態が理想でもあります。


年齢も性別も関係なく来てもらえるように、普遍的なものを扱っていきたい。

そう思った雨の日でした。







  1. 2012/05/25(金) 16:47:32|
  2. 掲載
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

つくも窯の器 再入荷②

こんにちは。

本日は、つくも窯さんの商品紹介の続きです。

前回の入荷の中で一番人気だったのが、こちらの角皿です。

R0014896.jpg
R0014897.jpg

幅230×230mmと大きめのお皿。

ランチプレートで使ったり、豚の生姜焼きや、パスタ皿などなど、料理を引き立ててくれること間違いなしです。

基本は白色やシンプルな器が好きという人も、たまにはこんな柄物の器はいかがでしょうか。

意外と料理を選ばずに使えますよ。

今度、料理を盛った写真を載せますね。


その他には

豆皿、五寸鉢なども入荷しています。

R0014899.jpg

R0014898.jpg



魅惑のスリップウェアの世界。

店頭でご覧ください。



(豆知識)

スリップウェアと深く関わりをもつ英国人の陶芸家 故「バーナード・リーチ」。

そのバーナード・リーチと滋賀県彦根につながりがあったんです。

調べてみると幼少の頃に彦根で暮らしていた時期があるそうです。

最近まで全然知りませんでした。

驚きです!意外な事実。

当店のスリップウェアの器も少し喜んでいるかもしれません。

バーナード・リーチについての詳しい説明は、下記のWikiにてどうぞ。

バーナード・リーチwikipedia



  1. 2012/05/24(木) 16:24:29|
  2. つくも窯
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

CHANGE 05.22

こんにちは。

本日は「つくも窯」さんの商品紹介の予定でしたが、CHANGE projectの動きがありましたので、

お休みをして、その報告です。

前回お伝えした時に、まだ動きのなかった「ホーローのポット」が可愛い「ステンドグラスの栓抜き」に

変わりました。

持ってきてくれたのは、近くに住むご家族。

アンティークショップでご購入されたという品物。

ちびっこに持ってもらって交換の時の写真も撮らせてもらいました。

左手にポットと右手に栓抜きを持ってポーズ。かわいい!

よく出来ました。

R0014901.jpg



R0014786.jpg

             ↓

R0014902.jpg


どんどん変わっていく「CHANGE」project 。

交換希望の品ありましたら、何か持ってきて下さいねー。

お待ちしております!





あっそうそう、本日22日発売の京都新聞さん(滋賀版?)に6月のイベントのことをちらっとだけ

載せていただいています。よーく見ないと分かりません。

京都新聞をとっている人は探してみてください。

京都新聞さんありがとうございます!



  1. 2012/05/22(火) 17:27:16|
  2. CHANGE
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

つくも窯の器 再入荷①

こんにちは。

昨日は各地でイベントがあったみたいで湖東地域いろいろと楽しい一日だったようですね。

そして、週があけた今日はまったりとした眠たくなるようないい天気です。

金環日食は寝過ごして完全に見過ごしてしまいましたが、この辺りは綺麗に見えたのでしょうか?

今更ながら気になります。



さて、本日は、昨日に再入荷した「つくも窯」さんの器のご紹介を。

オープン時には少しだけしか置いていなかったので、種類によってはすぐに売り切れた物もありましたが、

今回はいろいろと入荷しました。

「つくも窯」の十場天伸さんは兵庫県でスリップウェアを中心に作陶されている若き陶芸家です。

blogで紹介するのは初めてかもしれませんね。

それでは早速、ご紹介。



耐熱スリップウェア陶器。

直接火にかけても、オーブンでも大丈夫な陶器です。

この器は熱膨張の小さなぺタライト(石の名前です)を主原料としているので、加熱、冷却などの

負担がかかっても収縮による破損がおこりません。

野菜や魚などを調理する器として使用でき、そのまま食卓に出すことができます。

深さもあるので調理器具としても使いやすく、また陶器なので料理が冷めにくいという利点もあ

ります。

そして、スリップウェアの器としては珍しいマットな仕上がりとなっています。

どこか骨董品の様な貫禄すらあるこの器。

個人的には今回のイチオシ商品です。

R0014894.jpg

R0014900.jpg

柄は現在二種類あります。

R0014895.jpg

サイズ 215×215mm h45mm 
7,875円



他の器は、引き続き明日紹介しますね!





6月3日のコーヒーワークショップのご参加もお待ちしております。

coffee0603.jpg

  1. 2012/05/21(月) 16:34:43|
  2. つくも窯
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

CHNGE 05.20

こんにちは。

今日は、当店でひっそり行なっている「CHANGE」のご報告を。

「CHANGE」の概要について詳しくは5月8日のblogをご確認下さい。




現在、3つの商品のうち、2つが変わりました。

まずは、この帯が

R0014785.jpg

こちらに変わりました。

R0014892.jpg

これも帯でしょうか。今度はしぶい色合いの帯です。

前のに比べると幅が広く落ち着いた印象ですね!







そして、あの大きな鉢が

R0014784.jpg


こちらに大変身しました。

R0014891.jpg


綺麗な赤い和傘です。

赤い和紙と竹と赤い糸が綺麗で、もしかしたらとても高価なもの?

店主はこういう物の知識がないのでわかりませんが、とても貴重そうな和傘。

広げると約1メートルぐらいあります。

できることなら店のディスプレイに置いておきたいぐらいですが…。

いやいやいけません。物々交換です。

欲しいかたは何か持って来てくださいね。





そして、もう一点のホーローのポットはまだChangeしていませんが、可愛くて結構人気物ですので、

ご興味のあるかたは早めにお越しください。

R0014786.jpg




さあ、次は何に変わるのかなー。楽しみですね。





  1. 2012/05/20(日) 20:07:48|
  2. CHANGE
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

安土草多さんの硝子 再入荷②

こんにちは。

昨日に引き続き安土草多さんの硝子のご紹介です。



まずは今回が初入荷のビアマグと、前回入荷し人気だったビアグラスです。

R0014875.jpg
3,675円

R0014879.jpg
2,625円

両方とも、底は八角形になっていますが、面取りが下から3分の2ぐらいで終わっており、

上の方は完全な円形です。

ビアマグは、持ち手が器の高さとほとんど同じぐらい大きく力強い印象のカップです。

ビールはもちろんよく冷えた麦茶やジンジャエールを飲むのにもいいですね。

そしてシャープな形のビアグラス。

これで毎日ビールを飲んでる。というお客さんの嬉しい声も。


少し先になりますが、父の日のプゼントにいかがでしょうか?

日頃あまり父親と話さない娘さんが、さりげなく渡したらお父さんうれしいだろうなー。

と勝手にシチュエーションを想像してしまいました。





続いては、背の高い花器。

R0014878.jpg
4,200円

背が高いと言っても高さ約22cmで、切花を買ってきた時にいれるのにちょうどいい高さです。

胴の部分はきっちりとしたシンメトリーですが、口の高さに変化をもたせている面白い形の花器です。

口の高さに高低差があるので、無造作に投げ入れても花の収まりがいいように思います。

そして個人的な考えですが、硝子の花器は花の足元まで全て見えるので、他の透明でないものに比べてバランスが

とりやすいように思います。上に出ている部分の高さをあまり意識しなくても綺麗に生けられるのかな。

置く場所やスタイルを選ばない硝子の花器は手頃な大きさのものが一つあると便利ですね。



今回は他にも数点入荷していますので、店頭でお確かめください。



  1. 2012/05/19(土) 20:15:07|
  2. 安土草多
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

安土草多さんの硝子 再入荷①

こんにちは。

これからの暑い季節に涼しげな安土草多さんの宙吹き硝子が再入荷しました。

たくさんの種類が入荷していますので、二日に分けて紹介していきます。



まずは、前回入荷してまもなく売り切れてしまった一輪挿しです。大変お待たせしました。

今回入荷した物は、前回より少しサイズが大きく、口も広いので花や植物を生けやすく、

又洗いやすくなっております。

このゆらゆらと揺れるような硝子が安土さんの特徴ですね。

人気商品なので気になる方はお早めに(h約8〜10cm)

R0014869.jpg

R0014884.jpg
2,940円





そして今回、初入荷のミルクピッチャー。(h約6cm)

八面に面取りしてある部分が豊かな表情をもつ、小さいのにとても良く出来たミルクピッチャーです。

安土さんの硝子はシャープな形の物も多いのすが、厚みをもって作られていたり少し黄みがかっているの

で、普通の硝子より温かみがあるように思います。

R0014871.jpg

R0014887.jpg
2,310円





そして、こちらも初入荷のとっくり。

3コ入荷していますが、どれも形、高さとも違いがあり選ぶのを迷われるかもしれませんね。

これで縁側なんかでよく冷やした日本酒を飲みたいものです。

高さは一番高いもので約15cmです。

こちらもモールガラスの様なゆらうらした表面が綺麗です。

R0014872.jpg

R0014886.jpg
4,200円


全て一点一点、手作りの器。

陶器もいいけど、硝子もやっぱりいいですね。



今日は、ここまで。

明日も引き続き安土さんの硝子を紹介します。




  1. 2012/05/18(金) 15:55:45|
  2. 安土草多
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水曜日のできごと

娘さんの使っているマグカップが気に入って、

おばあさんがマグカップを買いに来てくれました。

娘さんと同じものが欲しいけど、一緒にしたら分かりづらい。

嫌がられるかなあと言って色違いを買ってくれました。

今から麻雀に行くという、ナイスなおばあさん。



お姉さんが引き出物の品になにかいいものがないかと探しに来てくれました。

一点ものが多いのでなかなか数を揃えるのが難しくて

とても悩んで、困っておられました。

そうですねー。たしかに困りますね。



引き出物は早い目(2ヶ月前頃)に言ってもらえたら、まとまった数をご用意できます。

一人で作られている作家(窯元)が多いので、なかなか大量生産はできません。

気になるものがあったらお早めにお声がけ下さい。



そして、店の向いにある「ゴザレ食堂」で鯖煮と法蓮草の卵とじを食べました。

そんな普通の水曜日でした。




写真は河原崎さんの器

R0014756.jpg


  1. 2012/05/16(水) 18:17:46|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラジオ・デイ 2日目

こんにちは。

外は雨、雨、雨。

新緑の季節の植物にとっては恵みの雨。

明日、雨が止んだら山や木々はとても生き生きと見えるんじゃないかな。


今日は朝からFM彦根さんにお邪魔し15分程喋らせて頂きました。

寝起きで頭がまわってなかったせいか、変に緊張することなく普段通り話せたように思います。

すみかわさんありがとうございました!楽しかったです。

そして、選曲した一曲はUAの「アントニオの唄」。

アルバム「AMETORA」の中に収録されています。


R0014864.jpg


この曲はマイケル・フランクスのカバーなんですね。

原曲は



どちらも雨の日にはピッタリなけだるい雰囲気。



明日は水曜日ですがオープンしております。

水曜休みの店のお方々この機会に一度のぞきに来てください。

お待ちしております。

それでは、今日はここまで。


  1. 2012/05/15(火) 18:49:11|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「おいしいコーヒーのはじめかた」

こんにちは。

ラジオ一つ目が無事(?)に終わり、少しほっとしています。

今日は緊張して何を伝えたらいいのか分からなくなってしまったので、明日はうまく話せるといいなと。

でも話しのプロはさすがですね。相手に気持ちよく話させるのがうまいです。

いい経験でした。



そして今日はイベントの告知があります。

TheGoodLuckStoreの初イベントが決まりました!!!



「おいしいコーヒーのはじめかた」

6月3日に珈琲セブン社さんと一緒にコーヒーのワークショップを行います。

珈琲セブン社さんにドリップ珈琲の立て方をレッスンしてもらい、当店の器で試飲していただきます。



珈琲好きな人。

うつわ好きな人。

少し丁寧に日々を過ごしたい人。

何かを始めたい人。

普段うつわ屋に入りにくいなという人。

ただただ暇な人。



そんな人に来てもらいたいなあと思っています。

あまり日がありませんが、まだ予定の無い人は是非ご参加下さい!!!



coffee0603.jpg

  1. 2012/05/14(月) 17:37:22|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザ・ラジオ・デイズ


突然ですが、今週の月曜日、火曜日とラジオに出演させてもらうことになりました。

14日(月)は、KBS京都ラジオさん。

そして15日(火)はエフエム彦根さん

人生で初のラジオ出演が2日連続と少々おかしなことになっていますが、

せっかくのことなのでお店の事を喋らせてもらおうと思います。

エフエム彦根さんは一曲好きな曲をかけていいと言うことで、何をかけようかをずっと考えています。

何にしようかなー。いっぱいかけたい曲があるんですよね。



時間は

14日(月)は、KBS京都ラジオさん  15:15頃〜

15日(火)はエフエム彦根さん    朝8:30頃?〜

両方とも約10分間程です。



話すのは苦手なのでぐだぐだになる恐れが大ですが、よかったら聞いてみて下さい。






写真は先日訪れた倉敷の様子

R0014851.jpg
「あかん。テント全然意味ないわ」と気付いたおじいちゃん

R0014857.jpg
「○○さん、こっちよこっち」と呼ぶ婦人

R0014847.jpg
「モザイクの様な不思議な柄の布」


  1. 2012/05/13(日) 14:29:28|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

WEEKENDERS COFFEEさん

こんにちは。今日は寒いですね。

少し冬に戻った様です。

こんな日は家でゆっくりと温かい珈琲を飲みたいなー。

そんな方にはうれしい美味しい珈琲豆のご紹介です。


本日より、京都のWEEKENDERS COFFEEさんの珈琲豆を当店で取扱いをさせて頂くことになりまし

た。WEEKENDERS COFFEEさんはエスプレッソで有名な京都の名店ですが、自家焙煎もされておられます。

当店ではWEEKENDERSブレンドを販売。(帯には当店のロゴが!)

R0014829.jpg

1,000円/200g (豆のみの取扱いです。)

そのほかに、ドリップパックWEEKENDERSブレンドもございます。
こちらは5袋入で500円です。器具が必要ないのでちょっとしたプレゼントにもぴったりです。

たまには美味しい珈琲を飲みたいな。と思っておられるかたは是非一度お試しください。

(売り切れの場合もありますので、ご了承ください。)



こちらはWEEKENDERS COFFEEさんの店内の様子と「お店について」

適度に広く落ち着いた空間で、本当に丁寧に珈琲をいれてくれます。

私はここにいるとどこか外国にいるような気になります。

R0014822.jpg

以下はWEEKENDERS COFFEE HP「お店について」の言葉。

「weekenders・・・
 ’WEEKENDERS' には、週末の旅人、という意味があります。

遠くまで行く訳でもない日常の延長でありながら、ほんの少しの空白の時間。
この言葉には、そんな雰囲気が含まれているように思います。
そんな時間が過ごせる場所を。

生きてゆくのにどうしても必要では無いけれど、知れば知るほど、広く、深く、目を開かせ、人生を豊かにする。コーヒーはそういう、ステキなも のの中のひとつです。
美味しいコーヒーの世界を知ると、日常はほんの少し香り高く、豊かになる。」

http://www.weekenderscoffee.com/index.htm


勝手に当店の目指しているところと通じるところがあるなと思っています。

いい言葉ですね。




臨時定休日のお知らせ

明日の12日土曜日は所用の為お休みを頂きます。

振替で次回の水曜日の16日は営業しております。


よろしくお願い致します。


  1. 2012/05/11(金) 18:19:23|
  2. coffee
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俊彦窯さんの器

こんにちは。

本日は少し前に入荷した兵庫県丹波立杭焼「俊彦窯」さんの噐をご紹介します。

俊彦さんは、河井寛次郎の弟子であった生田和孝氏に師事し、丹波の地で独立された後、

ずっと師から受け継いだ面取りや鎬の器を中心にした生活雑器を作り続けています。

御本人は豊かなヒゲをたくわえたサンタクロースの様な風貌で、年齢は60代後半でしょうか。

とても雰囲気のある、宮崎駿さんのアニメに出てきそうなチャーミングなおじいさまです。


そんな俊彦さんの作る器が再入荷しました。

R0014702.jpg

色はあたたかみのある糠釉と少し茶が入った何にでも合わせられそうな黒釉の二種類。

しのぎや面取りの部分の部分には釉薬が薄く出ており、自然な模様が出来ています。


どちらも本当に日常で使いやすく、料理の邪魔をしない名脇役として、

長く使い続けたくなると思います。


そして、手にとった時にストンと手に馴染む様な感覚に驚きます。

ぜひ一度、手に触れてみてください。



R0014707.jpg
カップ&ソーサー 3,000円


R0014709.jpg
マグカップ 2,300円


R0014729.jpg
豆皿(約11cm) 各700円


この他にも数種類入荷しておりますので、是非店頭でご確認ください。



  1. 2012/05/10(木) 19:28:35|
  2. 俊彦窯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「CHANGE」project いわゆる「物々交換」

こんにちは。昨日のブログの最後に触れた「CHANGE」コーナー。

昨日ひっそりと設置しましたが、いわゆる物々交換の場所です。

商品(と呼べるのか?)は三種類あり、それらはお金では買えません。

皆さんの所有する物と交換で手に入れることが出来ます。

お金は一切発生しません。



交換する物の条件は

   ・手で運べる物

   ・あなたの大事にしていた物

   ・あなたが魅力的だと思えるもの

それだけです。

あとは少しの良心かな。

その条件さえ満たせば当店でお断りする事はございません。

(Blogで物々交換の近況報告を行います。)



スタートの商品はこの3つ。


R0014787.jpg



パキスタン・ホーローのポット
R0014786.jpg
現在作られている物で古い物ではありません。
普通にやかんとしても使えますし、水差しやじょうろ代わりにも使えます。
未使用品。


綿100%の鮮やかな帯
R0014785.jpg
日本製。長さ3メートル以上あると思います。
ぱりっとしたしっかりとした生地です。


古い町家から出てきた大きな鉢
R0014784.jpg
直径約40cmの大きな鉢。
洗面器や金魚鉢に最適だとおもいます。
年代はわかりませんが相当古い物のようです。




お金では買えないもの。

物と物を交換し何かを手に入れる。

それって面白そうじゃない。

とこんな風に思いつきで始まった「CHANGE」ですが、

これからどうなっていくのか楽しみです。

上記の商品に興味のある方は何かを持って是非お越しください。


  1. 2012/05/08(火) 15:12:53|
  2. CHANGE
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

日常、ひと月、そしてこれからのこと

本日のブログは私的な日記、もしくはつぶやきの様なものです。(いつもかな?)

ご興味のあるかただけ読んでください。





GWも終わり、街も人も日常に戻った5月最初の月曜日の朝、天気は気持ちのいい晴れ。

休日もいいけど、ゆっくりした日々もいいものです。



そんな今日に当店はオープン一ヶ月をむかえました。

(振り返るほどのものでもありませんが…)

いつもより少しだけ念入りに掃除をして、珈琲を丁寧にいれて、今日の予定を確認して。

いつも通りに一日がはじまります。

マイペースが自営業の醍醐味です。


このひと月たくさんの方々が店に来てくれました。

友達、家族、古い知り合い、親戚、近所の人、最近知り合った人、

知ってる人、知らない人。

子供から80才くらいのおばあちゃんまで!

店をやっていなければ一生出会えない人達。

わけの分からない事を話し続ける困った人もたまにいますが、

それも含めていろんな出会いが面白い。


とても内容の濃い一ヶ月。

店舗の契約からしたら約2ヶ月、いや構想からしたら約一年ぐらいかな。

怒涛の日々でしたが楽しかったし、改めていろいろな人に助けられているのを知りました。

ありがとうございました!


まったく仕事とは関係ありませんが、

今日から少し日常のなおざりにしていた事を復活しようと思います。

運動したり、ご飯作ったり、英語勉強したり、映画見たりと些細なことです。


そして、先の事ですが新たにやりたいことも見えてきました。

それは一人ではどうしようもないことで、

縁があればするでしょうし、縁がなければ実現しない。

それはそれでいいんです。

そこに向かってすること、できることはシンプルなことです。

どういうかたちになるかわかりませんが、シンプルにひっそりと進めていこうと思います。



さらに新たに行きたい国なんかも出てきて困っています。

北欧の水と空気が綺麗そうな場所ですが、今猛烈に心惹かれています。

5年以内に行きたい妄想しています。



そんな事を考えながら、今日から再び気合を入れ直して店作りをしていこうと思います。

新しい企画なんかも計画中なので近いうちに発表したいと思います。

手始めに、当店の一角でひっそりと始まった「CHANGE」コーナー。

それについては明日のブログで。

あっ、「俊彦窯」も早く紹介しなくては…。



以上、日記の様なつぶやきでした。





 最近メールでもらった好きな言葉

「一日一日健康で、何事にもご油断なく!」



以上







  1. 2012/05/07(月) 16:49:28|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ボーダーと鳥の巣


お店のBGMに特にこだわりはなく、あまりうるさくない好きな曲を流しています。

たまに曲に反応してくれる人がいて面白いです。

みんなやっぱり好きな曲が流れていると嬉しいようで、

そんな時はこっちも少し嬉しくなりますね。

店に入って、BGMが気になったら遠慮なく尋ねてもらって結構ですよ。

そして今日はUAのカバーアルバム「カバ」をかけながら新しいDM用の写真を撮影していました。

前回のDMが好評だったので、さらにいいものにしようと気合を入れて撮影。



候補の写真を少し

R0014744.jpg
(ボーダーが夏っぽい)

R0014745.jpg
(鳥ノ巣みたいです)




今回は、春夏らしく爽やかなイメージで作ろうと思っています。

こうご期待下さい。



  1. 2012/05/06(日) 19:23:09|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供の日、お祭り、そして「TSUMIBOBO」

5月5日こどもの日。

外は本当にいい天気で、たくさんの人が店の前を歩いています。

犬の散歩をする人や自転車で気持ちよさそうに走る人。

観光にきたと思われるにこにこと笑う家族。はっぴを着て何処かに向かう人。

大勢の旅行者達。

そして当店にわざわざ足を運んでくれる人達。

もう「器を買うのは引退した」と言いながら、俊彦窯のお皿を買ってくれた常連のおばあさん。

おばあさんの喜寿のお祝いに小鹿田焼の茶碗と紫色の硝子のカップを買ってくれたお姉さん。

小鹿田焼の豆皿をいっぱい並べて選ぶカップル。

スリップウェアの小鉢を気に入ってくれた京都からの二人。


なんだかとても休日らしい一日で街は賑わっています。

そしてお昼ごろには、神輿が通りました。

写真には写ってないけど、馬に乗った人もいました。


R0014718.jpg

R0014722.jpg


そんな子供の日。

もう子供には戻れないけど、子供の頃の事を思い出して遊びたくなる「つみき」の紹介を。



「TSUMIBOBO」

R0014731.jpg

岐阜県高山市で「新作土産品審査会」で最優秀賞に 選ばれた積み木です。

頭部はカエデ、体部はスギの間伐材で出来ています。

名前でピンと来た人もいると思いますが、高山市の「さるぼぼ」がモチーフになっており、

さるぼぼには「病がさる」「災厄がさる」などの意味があり子供を守るという願いが込められています。

商品化するまでに三ヶ月間保育園でモニタリングして作られた、

無塗装なので環境にも身体にも優しいおもちゃです。

頭が重く、身体が軽いので絶妙なバランスが楽しめます。

ちょっとやってみました。

結構簡単に積んでいくことができますね。

楽しい!


R0014732.jpg

R0014734.jpg

16ピース入り 6,300円


おとなも子供も一緒になって遊べる「TSUMIBOBO」。

プレゼントにもオススメです。

  1. 2012/05/05(土) 18:57:18|
  2. 雑貨
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真鍮のカトラリー

GW真っただ中ですが当店は通常通り営業しています。

そして昨日、今日といろいろと新しい商品が入荷しました。

今日は真鍮のデザートスプーンとデザートフォークをご紹介。


R0014700.jpg


R0014699.jpg
 
価格 共に 450円 


インド製のゴールドのカトラリー。

大きさは手のひらサイズで約11cmで落ち着いた金色です。

使いこむほどに味わい深い風合いになるのが真鍮のよいところ。

スプーンにはよく見ると成型する時のたたいた跡が残っています。

ぽってりしたかたちが可愛い。

これでアイスクリーム食べたらおいしそうですね。



暑くも寒くもない気持ちのいい気候。

明日も晴れたらいいですね。

  1. 2012/05/04(金) 18:13:28|
  2. 雑貨
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第6回しがらき作家市

朝から信楽の作家市に行ってきました。

今回で第6回目、陶芸の森「太陽の広場」で開催されています。



R0014701.jpg



家を出た時には少し雨が降っていましたが、信楽に到着した時には雨もやんで曇空に。

昨日は雨風がひどくてお客さんも作家さんも大変だった様で、今日は作家さんたちもほっとしている様子。

昨日の雨のなごりで足もとの土がぬかるんでいる場所もあり、歩く度にぐちゅぐちゅ言わせながらも、あまり時間

がなかったので手早く見て回りました。

(このために本日12時オープンとさせて頂きました。)

今回は当店で取扱いしている山本泰三さんと河原崎優子さんの作家さんが2人出店されています。

お二人に挨拶し、新作もチェック。

お二人とも接客で忙しそうだったので長く話はできませんでしたが

当店で取り扱っていない器もたくさん見れ、いい機会でした。

格安で茶碗をゲットし、10時すぎには信楽を出たのですが、

GWの初日で名神高速が大渋滞・・・

これはまずいなと焦りつつも、高速をあきらめて下道(裏道)を駆使してなんとかオープン5分前に到着。

ふーあぶなかったです。

この予定の組み方は少し反省です。



しがらき作家市は5日まで開催していますので、お時間のある人はぜひ!


2012.5/2(水)-5(日) 9:00am-5:00pm
信楽 陶芸の森 太陽の広場
http://sakkaichi.exblog.jp/

  1. 2012/05/03(木) 20:26:22|
  2. クラフトフェア
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

イラン宙吹き硝子

少し前ですが、これからの季節におすすめの涼しげなイラン宙吹き硝子が入荷しています。



R0014683.jpg


R0014687.jpg

価格 720円〜


手前はリキュールグラス。こんなグラスで梅酒や紹興酒を飲みたいものです。

硝子ならではの光が当たった時の影の具合がきれいですね。

奥の平皿もあまり見ない品で、今回は大、小と入荷しています。



イランのガラスの歴史は古く、ペルシャ帝国以来作り続けられています。

今回入荷した商品も一つ一つ職人の手で作られた硝子です。

かたちやおおきさにばらつきがありますので気になるものがあったら並べて比べてみて下さい。



ピッチャーやディシュカバーなど大きいサイズの物もあります。

あるだけで絵になるディシュカバーは小物なんかを入れて飾りで置いておいても絵になりますよ。


R0014692.jpg


ピッチャーは花器に使ってもらうのもいいですね。

ざっくりとチューリップの束を投げ入れても様になりそうです。


R0014690.jpg

左から
3,300円、4,200円、4,200円、3,300円




価格もお手頃なイラン宙吹き硝子。

店頭でお確かめ下さい。



明日水曜日はお休み。
翌、木曜日は12時からの営業です。


  1. 2012/05/01(火) 16:57:19|
  2. 輸入物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

器・生活道具グッドラックストア

Author:器・生活道具グッドラックストア
器・生活道具
The Good Luck Store

522-0063
滋賀県彦根市中央町2-30
tel/fax 0749-20-9529
水曜日、木曜日 定休
11:00〜19:00
http://thegoodluckstore-shop.com/
http://thegoodluckstore.blog.fc2.com/
https://www.facebook.com/TheGoodLuckStore

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (60)
取扱い (2)
開店準備 (11)
彦根 (31)
お店のこと (221)
掲載 (13)
瑞穂窯 (6)
堀越窯 (1)
杉本寿樹 (16)
雑貨 (28)
本 (3)
牧谷窯 (24)
定休日 (32)
HP (1)
河原崎優子 (4)
展示会 (8)
小鹿田焼 (8)
輸入物 (1)
クラフトフェア (4)
CHANGE (5)
俊彦窯 (4)
coffee (13)
イベント (39)
安土草多 (4)
つくも窯 (11)
袖師窯 (4)
モラ (1)
八木橋昇 (5)
旅 (15)
ワークショップ (1)
うだまさし (2)
私物 (3)
前田美絵 (4)
イラングラス (1)
インド (1)
渡辺隆之 (17)
福岡彩子 (8)
facebook (1)
八田亨 (1)
HITOHARI (1)
ルーマニア (1)
やちむん (1)
北窯 (3)
ガラス工房 清天 (1)
OKINAWA (9)
食 (2)
斎藤十朗 (1)
カワチ製菓 (1)
ネットショップ (2)
ガラス (1)
祭り (0)
出店 (4)
NaoKoyasu (1)
nimai-nitai (2)
ハタノワタル (2)
山本泰三 (1)
Kazuw (1)
2015 催事の予定 (1)
東屋 (1)
SŌK(ソーク) (1)
牧谷窯個展 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR